World Coins Japan

Tel.03-5777-0351

スタッフブログ

ギザ十とフデ五

この記事の更新日:2016年08月11日 スタッフブログ一覧へ

昭和30年代までに生まれた方ですと、幼少の頃に“ギザ十”や“フデ五”を使われた記憶がある方が多いのではないでしょうか?

当時はこれらに希少価値があるという事で、私もこれらを見つけるとなんとなく選り分けていましたので、気がつくと並年号ばかりですがギザ十が200枚、フデ五も100枚を超える程度になっていました。

その後長い間しまい込んでいましたが、状態もさほど良くないものがほとんどなので、最近では小銭が足りない時に少しずつ使うようにしています。

先日近くのスーパーで買い物をして支払いをした時に、若い店員から

「すいません、この十円玉は機械から弾かれてしまいました。ギザ十はたまに弾かれてしまうのです。申し訳ございません」

と言われました。このギザ十は知らない間に私の財布に忍び込んでいたようです。そして私はその店員に向かって

「若いのに良くギザ十をご存知ですね」

と感心しながら返してしまいました。今の機械は、コインのエッジまで認識しているようですね。その点フデ五はエッジに関しての心配なさそうです。

blog-011-10en
ギザ十
blog-011-5en
フデ五

( F.R.H.)

スタッフブログ一覧へ


Go Menu